食べるという洗脳を解いたら半年で15キロやせられたダイエット日記、そしてついでに人生を変えようブログ

90キロ近くあったところから75キロ近くまで痩せた体験記、日々気をつけること、またその習慣を活かして夢、目標を叶えてしまおうとたくらむブログです。

「普通に飲む」という嘘

酒をやめられるかどうかは、

「酒は普通に飲んでいる分には嗜好品だから良いが、アルコール依存者にとっては毒である。だからやめなければならない」

という考えを否定できるかどうかにある。

 

いってみれば、この言葉は世間の常識であり、アルコールを断とうと勉強した人でさえとりつかれている考えである。

 

しかし、上の言葉の酒の部分をコカインに変えてみたらどうだろうか。

「コカインは普通に吸引している分には嗜好品だから良いが、麻薬依存者にとっては毒である。だからやめなければならない」

 

こんなことを言う人がいたら、麻薬の常習を疑うだろうし、

普通に吸引ってなに?と思うに違いない。

それがアルコールの場合、

普通に飲んでいる、といってもおかしく聞こえないのは、

それが単に合法だからというだけなのだ。

 

そして、その「普通に飲む」という言葉を認めたとたん、酒を飲みたくなりはじめる。

なぜならそれは、アルコールにはメリットがあると認めることと同じだからだ。

アルコールにはメリットなどひとつもないのである。

メリットがひとつもないことがわかれば、飲みたいという欲求も消え失せる。

すると「普通に飲む」人をうらやむどころか、かわいそうにとさえ思うようになる。

彼らは、過去の自分と同じように

アルコールによって利益を得ている全てにだまされているのだから。

 

「普通に飲む分にはいいが」という言葉に決してだまされてはいけない。