食べるという洗脳を解いたら半年で15キロやせられたダイエット日記、そしてついでに人生を変えようブログ

90キロ近くあったところから75キロ近くまで痩せた体験記、日々気をつけること、またその習慣を活かして夢、目標を叶えてしまおうとたくらむブログです。

ダイエットとパリのテロ

体重としては77.5キロあたりをうろちょろしています。

大事なのは体重ではない!と思いつつ、目に見える指標であり

もともとがやばい体重を減らさなきゃ、から始まったのもあるので

とりあえずわかりやすいかつ数字という絶対的な指標として

はかっています。

一時期にくらべたらずいぶん痩せたかと思うのですが、

まわりの人ってあんまり痩せたね〜とか言わないものですね。

たいして自分のことなんて見ちゃいないってことがよくわかります。

そんな中で痩せたねーなんて言われると、この人はよく人を見ている!

なんて思うので、自分も逆にまわりの人の変化に気付いたら言葉に

するのが大事かななんて思います。

最近は、少しややこしくもある、いやとても重要というべきでしょうが

医療に関する本を読みました。

  

  さて非常に重いですねw

いやしかしながら、とても勉強になる本でした。

簡単に言えば、医療が嘘であることが

わかっている人からすれば周知の事実なんでしょうが

いかに現代医療がペテンである(船瀬俊介風にいえばw)ことが

反論の余地なしの形で書かれているのではないかと思います。

 

こういうものを突き詰めていくと、

突き詰めていかなくとも自然な流れで結局は

「ロックフェラー」「ロスチャイルド」といった名前から

「ユダヤ人」「独占支配」云々。。

の流れになるのですね。おそらくそれが真実なのでしょう。

イスラム国にしてもそれらがからんでいる、

またはその張本人であるという意見もみられます。

 

ただたんにダイエットの話でしたっけねw

個人の健康にしても突き詰めていくと、結局は

知らず知らずのうちにだまされているわけで、

そういうことに私も段々と気付きつつあるのだと思います。

詳しい内容は紹介している本や、それからの関連の情報を

参考にしていただいて、わずかながらブログで気付きのようなものを

綴っているだけです。

 

フランスのパリでたくさんの方が亡くなられ、また負傷されたようです。

心からのお悔やみを申し上げます。

そして、何が悪で何が善なのでしょうか。

戦争を起こしたがっている連中がいて、そこと「病気」「医療」で

金儲けをしている連中が同じであるということになるのでしょうか。

今の段階では、自分が自分で納得する理解することに精一杯で

人に説明するところまでいっていません。

ただなんとなくの外観がぼんやりと見えているに過ぎないのでしょう。

 

とりあえず我々は今、腹減った〜といって何か喰っちゃうところから、

すでにだまされていることに気づかなければ、離れた国のテロや爆撃の真実に気づけないのではないかと、大げさにいえばそういうことになるのではないかと思います。

健康診断や輸血やワクチンにも気づかなければいけません。

 

読んだ本がリアルで真実に近いものであっただけに、理解から行きすぎるところがあったかもしれません。

私としては、できる限りの情報を集め、有意義にも実践して納得して、

やっぱり体重が減ったよねとか思ってみたり、

飲みすぎてハメをはずしてみたりします。

 

ただクソッタレですよね。

宗教を利用して人々をマインドコントロールしていること、

(おそらく身近にも、もしかして我々にもリアルな形であるかもしれません)その金の流れが結局はどこにいっているのか、

そういうことを冷静に見ていかなければなりません。

自分もまたそれは難しく、挑戦でしょう。

少しづつ少しづつ、また劇的に、理解を深めていかねばなりません。